So-net無料ブログ作成
検索選択
チック症 ブログトップ

チック症(いじめ) [チック症]

坊ちゃん(7歳)にチック症が出ました。

前回出たのはおよそ1年前。
あの時は、保育園での友達関係につまずいての発症。

今回は、どうも数人のお友達からいじめを受けているようで、
精神的に不安定になっています。


「いじめ」というより「いじわる」といった方が的確かもしれません。
登下校の際に、一緒に帰ろうと誘うと、同じ団地じゃないからダメと断られたり、
坊ちゃんを見つけると笑ってかけていってしまうとか。
しかし、学校内では普通にお話ししたり、遊んだりしてくれるらしい。

いじめに程度はあれ、いじめには変わりないし、
しかも坊ちゃんはまだ軽いですが、チックを発症するほど
心が病んでいるので、すぐにでも学校へ行って先生と話をしたいです。

でもこれぐらいと思うのも正直なところ。
もし立場が逆で、相手の親なり先生から話が来たら、
「これぐらい・・・」と心で思うでしょう。

ひとまずは、まだチック症が軽いということで、
様子を見ることにしました。
もしこれが悪化したら、学校に話をしようかと思っています。


「いじめは、いじめる側、いじめられる側、双方に問題がある」
という話を聞いたことがありますが、坊ちゃんにも問題はあると思っています。
だからこそ、坊ちゃん自身が精神的に強くなって貰わないと困るし、
保育園の時と同じように、坊ちゃん自身が解決しなければならない問題なんだと思います。
私たち大人が一時的に解決することはできますが、
それは表面的な解決であって、本当の意味での解決ではありません。
そんなことをしたら、きっと坊ちゃんが弱い人間になってしまうでしょう。


昨日は、帰ってからゆっくりと坊ちゃんの話を聞き、話をしました。
そうしたら、少し心が軽くなったのでしょうか、チックが少し落ち着きました。
でも完全に落ち着いたわけではないので、安心できませんが。

どうも坊ちゃんは私の影響を受けやすいみたいです。
昨年もそうでしたが、今私自身が精神的に落ち着いていません。
間違いなく、行動や言葉にイライラが出ていると思います。
とても優しくて、気をつかう子なので、そこから精神的に影響を受け、自分の生活までバランスがとれなくなってしまったのかもしれません。
ごめんなさい。坊ちゃん。


今回のことで1つ思ったのは、クラスとしての団結ができていないことに、いじめ(いじわる)が起こった理由があるのではないかと思いました。例えば、運動会でのクラス対抗種目だとか、文化祭でクラスでの出し物をする、といったことです。クラスメートの絆ができていないではないのでは、と思ったのです。
というのも、そのいじわるをする数人は「同じ団地ではないから」という理由で坊ちゃんを排除します。確かに今通う小学校の校区にあるその子たちの団地は大規模集合住宅で、おそらく1年生の6割以上は、その団地から通ってくる子だと思います。もうすぐ1年になる、共に毎日過ごした「クラスメート」よりも、「団地」の仲間をとるということは、クラス内ので友達どうしでの交流がまだまだといえるのではないでしょうか。

そしてもう一つ思ったことがあります。それは保護者としてどこまで学校に口を出せるのか、出すべきかということ。正直、学校の敷居は高く、気軽に相談に行ける雰囲気ではありません。またモンスターペアレンツなどと対応されたら、と思うとこちらが恐ろしくて相談にもいけない。


そうこう考えていたら、夫からメール。
「〇〇君(いじわるをしている子)たちと一緒に学校に行きました」
なにそれ〜!!!

子ども人間関係はほんとよくわかりません。
(自分も子ども時代を経験したくせにね。)
でもまぁ、子どもたち自身できちんと解決するのがベスト!
とりあえずは見守っていこうと思います。




タグ:坊ちゃん

経過報告3/4 [チック症]

坊ちゃん(6才)のチック症が現れてから約2ヶ月経ちました。

恐らく今度こそ治まったかな?
と、夫婦で話している状態。

クラス全体が卒園、そして卒園式に向けて、
制作や練習やら、なにやらかにやらしているせいか、
子ども達みんなが心を一つにして頑張っているような気がしています。
坊ちゃんも例外ではなさそう。
とりあえず、卒園までは大丈夫そうかな?

小学校入学自体はとても楽しみにしている坊ちゃん。
なので、入学に対する不安はないようですが、
問題は入学後かな。

しかし幸か不幸か、
来週から週1回のペースでことばの教室に通う事になり、
校舎は違うけど、同じ敷地内にある教室に行くという事は、
小学校の雰囲気を先に味わえ、
坊ちゃんにとっては良かったことかもしれません。

今は表情も軟らかくなり、
精神的にも落ち着いたと感じています。
一番最初に発症した時には、
「なに?どうしたらいいの??」
といっている間に治まってしまいましたが、
今回は、私達夫婦は物理的には見守る事しかできませんでしたが、
坊ちゃんと一緒に精神的に少し成長できたな、と思っています。


これからどんどんと社会と接する機会が増えていく坊ちゃん。
ストレスに負けない強い子に育ってくれるように、願うのみです。
DSC02118.JPG
まけるんじゃないわよ~ (byマチ)



あっ!
明日はちび(1才364日)の誕生日!(やばっ!)


経過報告2/7 [チック症]

坊ちゃん(6才)のチック症、小康状態。
ほとんど見られないようになりましたが、
完全には治まっていません。

ところで、
今日は坊ちゃん(6才)の関係で、通級指導教室(ことばの教室)の面接に行って来ました。
そのことは改めて書きますが、その時にチック症について興味深いことを教えていただきました。

実は坊ちゃんはまだ利き手を決めていません。
自然に身についた方を利き手にすればいい、という私達夫婦の考えからです。
従って、今利き手はぐちゃぐちゃな状態。
とりあえず確定しているのは、ハサミ、箸、歯ブラシは右。鉛筆は左。

通級指導教室の先生がおっしゃるには、両方利き手ということは、ありえないそうです。両方使えるというのは、必ずどちらか主となる利き手があって、もう一方の方でもできますよ、ということなのだそうです。
今の坊ちゃんの状態、利き手が定まらない状態は、実は脳に混乱を起こしているんだそうです。その混乱の状態がチック症として表に現れている、という説もあるとか・・・。

また余談になりますが、利き手が確定すると本来の運動能力が十分に発揮されるとか。
坊ちゃんはとても体格のよい体育会系男子なのですが、如何せん道具を使った運動や遊びが不得意なのです。
こういった能力も利き手が定まればきっと一気の開花しますよ、とのお話。

妙に納得してしまいました。
ただ、利き手に関しては、まだ今すぐに解決すべき問題ではないとのコトでしたので、もうしばらく坊ちゃんの意志に委ねてみようと思っています。



1ヶ月経って [チック症]

実は坊ちゃん(6才)のチック症がまだ治まっていません。
チック症の記事を見てくださっている方が案外多いです。
きっと私のように困っている方、
どうしたらいいか悩んでいる方が多いのだと思いました。
坊ちゃんの症状も長丁場になりそうですので、
皆さんの参考になるかどうか、わかりませんが、
今回の症状が治まるまで、経過を書こうと思います。


坊ちゃんのチック症が年明けに再発し、
前回、大分症状が治まったことを書きました。
しかし実は、あれから再びひどくなりました。
結局今日まで症状は続いております。

でも表情は軟らかくなりました。
表情だけをいうなら、元に戻った感じです。
落ち着いた証拠だと思っています。

最近では、治まったかな、と思う日もあるのですが、
注意して見ると、やはり必要以上に瞬きをしていることがあったり、という状態。
それぐらいまでに症状は治まってきています。
でも油断?していると、少し激しく瞬きをしている日も・・・。
そんな日は、やはりお友達と上手くいかなかった日だったりします。
ただし、年始ほど激しい瞬きはこのところありません。

チック症の症状がその人のクセになる、なんてことがあるのでしょうか?
この頃、瞬きがクセになっているんじゃないか、と思う日もあります。


余談ですが、
坊ちゃんが実は一緒に一番遊びたいA君はとてもひょうきんな子。
毎日A君にいじめられたとかなんとかと、話してくれます。
3月に卒園のお祝いにクラスみんなでお泊まり会をするのですが、
「いじめられるなら、行くのやめる?」
と聞くと、
「大人がいればいじめないから大丈夫。」
ですって!
6才でその洞察力もかなり怖いけど、
そこが分かるなら、もっとお友達との接し方考えようよ、と思う母でした。。。



チック症2 [チック症]

今回の発症に気づいてから一週間が過ぎ、ようやっと落ち着いたように見えます。頻繁に瞬きはしなくなりましたが、何となく表情が硬いような気がしてなりません。


念のために保育園の先生にも様子を聞いてみました。
そうしたら・・・、
年始からお友達と上手くいっていないとのお返事。

実は以前にもお友達と上手くいかず、(坊ちゃん自身)問題となったことがありました。その時はチック症までには至らずに済んだのですが、その時はちょうど妹のちび(1才)が産まれた時のコト。

そして今回は12月からちびが坊ちゃん(6才)のいる保育園に転園が決まり、慣らしやらなんだかんだで家の中がばたばたしていた状況。
        
これは一種の赤ちゃん返りなのかなぁ・・・、とも思いました。坊ちゃんはとても寂しい思いをしていたのかぁ、と。

まじめで優しい子だから、ストレートに甘えの感情を出せない時なんかもあったりして。それがお友達との関係に影響してしまったのかなぁ・・・、と。


あ~、だめだめ母さんです。


でも、仕事は続ける事にしました(求職中ですが・・・)。
仕事をしている、いないは関係なく、親としてのスタンス、愛情の問題なんだと思いました。(前記事にコメント、ありがとうございました!!)
私自身、学生時代からずっとやりたいと思って頑張って気とコトもあって、ここであきらめるコトが出来そうにないので、今とまだ仕事を続けようと思います。


そんなわけで、また坊ちゃんの屈託のない笑顔が見られる日を待ちつつ。
週末は私の実家に年始の挨拶がてらお泊まりへ(といっても、横浜ですが・・・)。
そしてアンパンマンミュージアムへ行ってみようかと思ってます。
坊ちゃんにはちょっともう遅いかもしれないけど・・・。


チック症 [チック症]

坊ちゃん(6才)がチック症です。
今発症していますが、これで2度目。
最初に現れたのが確か3才頃。

今回気づいたのは実は昨日の夕方なのですが、
実は2、3日前から出現していたと夫はいっています。
(早く言え~!こら!!!)

坊ちゃんの場合は瞬き程度の症状で、
まだ他の症状は発現していません。


坊ちゃんはとても神経質で几帳面、理論的、という性格。
とても精神的に弱い子だと夫婦で思っています。
でもとても優しい子。

我が家はご存知の通り、夫婦共働き。
朝はそれほど早い出勤ではないのですが、
帰りはいつも夜7時前。
それからご飯食べてお風呂に入って、
遅くても9時半には就寝するという生活。
かなり軍隊並?とはいいませんが、
かなり坊ちゃんにきびきびと行動をしてもらっている状態。

そんな生活にストレスを感じないわけないですよね・・・。


実は今の仕事が3月で終わりになるので、
ただいま求職をしている最中なのですが、
仕事もスタイルを変えたほうがいいのかなぁ・・・、
と思っていたりします。
(4月には坊ちゃん、小学生になるし・・・)


それとも仕事を辞めるべきなのでしょうか?



チック症 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。